理事長挨拶

  理事長就任のご挨拶                   2014年6月15日

  太田理事長  香川県保険医協会理事長
                              太田 展生

 安倍内閣の暴走が続いています。歴代内閣が認めなかった「集団的自衛権」
の容認で、立憲主義を崩し戦争する国への歩みを進めました。また消費税増税、
勤労者の実質所得減などで経済の停滞も心配されています。その他多くの世論
を押し切って、原発再稼働、TPP交渉、沖縄辺野古移転も進めています

 一方、政府の言によれば消費税増税で改善されるはずの社会保障は後退して
います。また、医療介護総合法で医療と介護の条件は悪化し、国民負担が増え
る方向です。そして保険外医療拡大につながる混合診療等医療の差別化も企図
されています。しかも安倍改革はこれからが本番で、一層激しく暴走するよう
になるようです。

国民が差別なく安心して医療を受けられる制度を発展させ、その担い手であ
る我々医師の、医療を行う環境を安定させることが、国民の生命と健康を守る
ための第一の条件です。戦争や大企業の利益優先でなく、国民福祉を最優先に
することが進歩した文化国家だと思います。保険医協会はこのことを高く掲げ
て国民と共に医師会等にも共同を呼び掛けて努力しています。

 私は物理的にも能力的にも力不足では有りますが、すべての協会会員と共に
良い医療と、保険医の状況の改善のために、力を注ぎたいと思います。よろし
くお願いします。

 

 

 

 

 

このページのトップへ